旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 09日

ミドリシジミ メスの開翅と一緒にみられたチョウ


ミドリシジミ メスの開翅


メスの表翅の紋の種類はO型、A型、B型、AB型と4種の型があり、
まるで人間の血液型のような型名がついています。
遺伝学的に「同一種の多型現象」といわれているそうで
ミドリシジミのメスにだけみられるということです。
私には詳しいことはよく分かりませんが、
撮っていて確かに翅の模様の違いがあることが分かります。

今回あえたのは、前翅に少しオレンジ色がみえるメスですが、
A型とは言えないような・・・
O型かも知れません。

4種の紋型、面白そうなので探してみたくなりました。
といっても、これが難しい。
c0315700_14522520.jpg



c0315700_14521663.jpg



c0315700_15014552.jpg




目覚めたばかりは、ゆっくりしています。

ねむそ~
c0315700_14514707.jpg



c0315700_14504229.jpg



アカシジミは、たくさんみられます。
でも、もう終盤かな。
c0315700_14500786.jpg



c0315700_14445094.jpg



ウラナミアカシジミもたくさん飛んでいます。
c0315700_12585051.jpg




ベニシジミも仲良く仲間入り
c0315700_14444078.jpg




ウラゴマダラシジミかと思ったのですが、
ルリシジミです。
c0315700_14413576.jpg



ゼフィルスと一緒のフィールドで

みられたチョウたちです

まだいます








by rindon3190 | 2017-06-09 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
Commented by yurinBD at 2017-06-09 22:24
ミドリシジミ雌♀のA型・O型の区別はなかなか難しいですね、明瞭な赤であれば分かりやすいのですが・・・。
私もブルーの鱗粉ののったB、AB型を撮りたいところです。
アカシジミとベニシジミが一緒にいて、この季節は楽しいですね!
Commented by rindon3190 at 2017-06-09 22:34
yurinさん

そうなんです、オレンジの薄いのが多くO型より、といったところです。
B、AB型のブルーに輝く翅もみてみたいですが
出会えるには根気がいりそうです。
アカシジミやウラナミアカシジミは一気に出てきた、と思っているうちに
いつの間にか少なくなって終盤を迎えているようです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-06-10 05:20
おはようございます。
メスも綺麗に翅を開きましたね。
OとA私も区別がつきません・・
アカシジミやウラナミアカシジミも見られる場所とはいいですね。
羨ましいです。
今日は実家に帰る前に、ミドリシジミに会いに行こうと思います。
最近はまとまった時間が取れません。
翅開いた姿に会えるかなー、暑すぎてだめかな・・

Commented by rindon3190 at 2017-06-10 19:47
MIYAKOUTAさん

こんばんは
このところみるのはメスばかりです。
O型が多いですね。
それで、4種を探していますが、なかなか。
ミドリシジミのいるところでは他のゼフィルス類もみられて
楽しい環境ですよ。
そちらでもミドリシジミがみられるといいですね。
ミドリシジミの翅、やっぱり開翅はいいですよね~


<< ゼフィルスと一緒にみられたチョウ      ミズイロオナガシジミ ウラゴマ... >>