旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 08日

高山蝶を求めて  クモマベニヒカゲ


惚れ惚れするような、美しいクモマベニヒカゲにあえました。


今年最後になるかもしれないと、高山蝶を求めて北アルプスに急きょ出かけた。
これまで登山で何度も北アルプスに出かけたが、
その頃はチョウの写真は撮っていなかったので眺め観る程度だった。
それでも印象に残っているのは、汗にまとわりつくベニヒカゲを多くみかけたことだ。
そんななかでもクモマベニヒカゲに会うことはなかった。

今回全くの偶然であったが、登山道のちょっと見落とし易いところに咲く
お花に止まっているベニヒカゲらしきチョウがいた。
よくみると縁が白い。


クモマベニヒカゲだ!

密かに会いたい思っていたチョウ。
1年目は卵で、2年目は幼虫で越年、3年目で成虫になるというめったに会えない貴重なチョウだ。
ここで会えるなんて、キツイ登山道を登ってきたご褒美としか思えない。


たった1頭でしたが、綺麗な個体にあえました。

ミヤマコウゾリナで吸蜜。

c0315700_05212962.jpg



ミヤマアキノキリンソウで。
c0315700_05345411.jpg


c0315700_05343852.jpg


裏翅がとてもきれいです。
c0315700_05194254.jpg


c0315700_21051558.jpg


c0315700_21034242.jpg


ミヤマアキノキリンソウがとてもお気に入り。
裏翅の白色帯状斑紋がきれいです。
c0315700_05174650.jpg



c0315700_05161875.jpg


c0315700_05184299.jpg



c0315700_05223323.jpg



c0315700_05222659.jpg



c0315700_05371673.jpg



c0315700_05185617.jpg




少々アップで。
やっぱり毛深い。
c0315700_05211117.jpg



ノートリで。
c0315700_11381615.jpg




今回 クモマベニヒカゲに会えるとは思わなかった

登山道も狭いし 動けば草被りになるしでなかなかうまく撮れなかったのですが

ラッキーなことにお腹がすいていたのか 

お気に入りの黄色の高山植物で暫く吸蜜

花を行ったり来たりで同じところに40分程とどまってくれた

おかげでこちらもたっぷり楽しませてもらいました




8月4日 北アルプスで







by rindon3190 | 2017-08-08 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
Commented by zyzyrider1291 at 2017-08-08 19:56
長年の悲願がかなってよかったですネ。
rindonさんのうれしさが画面に出ています。
ほんとうにお疲れさまでした。憧れの被写体に出会うと
疲れがないのかもしれません。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-08 20:01
こんばんは!
クモマベニヒカゲ、本当に綺麗ですね!!
感動が伝わって来ます。
写真も鮮明で素晴らしいです。
こんな出会いがあると一生忘れられませんね!
Commented by yurinBD at 2017-08-08 21:02
とっても新鮮なクモマベニヒカゲを美しく撮影され、素晴らしいです!!
地色の茶色がとても濃いだけに、白、オレンジの模様が明瞭で本当に美しく、うっとりしました。
全開翅で吸蜜する姿も良いですね、クモマベニヒカゲは黄色い花がよく似合うように思います。
こうした素敵な出会いがあるから、遠くても出かけてしまうんですよね。
Commented by rindon3190 at 2017-08-09 10:20
zyzyriderさん

ありがとうございます。
これまで何度も山に行っていますが、
このチョウだけには会えませんでした。
ほんとに出会えて嬉しかったです。
Commented by rindon3190 at 2017-08-09 10:20
MIYAKOUTAさん

ありがとうございます。
とても新鮮な蝶でした。
ベニヒカゲとは別の場所で、単独でひっそりとして
夢中で吸蜜している姿が可愛かったです。
この出会いは一生忘れないかもしれませんね(^-^)
Commented by rindon3190 at 2017-08-09 10:21
yurinさん

ありがとうございます。
ほんとにきれいなクモマベニヒカゲでした。
こんなきれいなのは初めてです。
黄色の花が好きのようです。
このアキノキリンソウもコウゾリナもキク科の植物で、
一緒に咲いていたミヤマオトギリソウには止まりもしませんでした。


<< 高山蝶を求めて  タカネヒカゲ      湿原の朝 アヤメ >>