旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 10日

高山蝶を求めて  タカネヒカゲ


今年7月初旬に大雪山に行き、憧れのダイセツタカネヒカゲを撮影することができましたが、
北アルプスのタカネヒカゲにも会いたいと思い出かけました。

まだいてくれたタカネヒカゲ。
淡い期待だけだったが、会えてよかった。
しかし終盤を迎え、出会った2頭とも翅が傷んでいました。



岩稜帯の岩にとまると動かない限り、見つけにくい。
c0315700_17581493.jpg


c0315700_17580039.jpg


朝の光の中で。
c0315700_17575022.jpg


c0315700_17584377.jpg




ハイマツ帯の上空を、淡いオレンジ色のチョウが飛んできた。
始め蛾かな、と思いましたが、
小さなお花にとまってくれてタカネヒカゲであることが分かった。
少し大きめの、2頭目の別個体です。


ミヤマママコナで吸蜜。

残念ながら草むらに隠れるようにしての吸蜜でした。
翅だけの撮影になってしまいましたが、淡いオレンジ系の翅の色が魅力的です。
c0315700_10133811.jpg


c0315700_17590396.jpg


c0315700_07234595.jpg


翅にみられる紋は不明瞭であったり、あっても2つ位とかいわれたりしますが
小さな紋が4つもありました。
c0315700_07233031.jpg



このまま吸蜜しているのかと思ったら
目を離したスキに、あっという間にいなくなってしまいました。
c0315700_07233800.jpg





ミヤマママコナ(深山飯子菜)


この紫の花の名前、分かるまで時間がかかりました。
今まで気がつかなかった高山植物でミヤマモンキチョウ、タカネヒカゲなど
高山蝶の蜜源であったことが今回分かりました。

タカネママコナ(黄色系)と同じ仲間で、日本固有種だそうです。
ママコナを絶滅危惧種に指定している県もあるようです。
c0315700_17595117.jpg




雲わく北アルプス

c0315700_10585263.jpg





大雪山のダイセツタカネヒカゲ

北アルプスのタカネヒカゲ



気候 環境など違いのある生息域で生きる小さな生き物たち

3年目にして成虫になって空を舞う貴重な高山蝶にあえた夏でした



8月5日  北アルプスで









by rindon3190 | 2017-08-10 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
Commented by yurinBD at 2017-08-10 20:05
北アルプスのタカネヒカゲ、高山蝶の雰囲気タップリの貴重な蝶ですね!
頑張って山に登った方だけが出会える蝶、素晴らしいですね~♪
ミヤマママコナ(←口がまわりません、笑)での吸蜜、貴重なシーンを撮影され、お見事です!!
Commented by rindon3190 at 2017-08-10 20:23
yurinさん

ダイセツタカネヒカゲと北アのタカネヒカゲが撮れて
満足な夏になりました。
このチョウさんたちは伸び伸び飛んでいて羨ましいくらいでした。
ミヤマママコナでの吸蜜シーンは珍しいですよね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-11 05:12
おはようございます。
一年間でダイセツタカネヒカゲとタカネヒカゲの
両方を見るとは、
山にお詳しいrindonさんならです。
その意欲が素晴らしいです。
ミヤマママコナの名前は初めて知りました。
淡い紫色の花との組み合わせが羨ましいです。
雲わく北アルプスにチョウの思いがこだましたような
そんな気持ちになりました。
Commented by rindon3190 at 2017-08-11 08:01
MIYAKOUTAさん

おはようございます。
北海道、本州両方のタカネヒカゲにあえていい夏でした。
ミヤマママコナを調べるのに時間がかかりましたよ。
私も初めて聞く名前です。
ハイマツや岩稜帯に咲く小さな花で、今まで気づかなかったです。
タカネヒカゲが夢中で吸蜜している姿がおもしろかったです。
是非北アにもお出かけになってみてください。


<< 高山蝶を求めて  ミヤマモンキチョウ      高山蝶を求めて  クモマベニヒカゲ >>