旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 12日 ( 1 )


2017年 05月 12日

アオバセセリ


アオバセセリはもう出ているだろうか。
昨年会えた場所に出かけてみました。
期待に応えて、今年も会うことができました。


5月1日に行った時は、まだヒメウツギの花は蕾すらなかった状態でしたが、
今回は咲きだしたウツギにアオバセセリ、黒系アゲハが飛び交っていました。



この日一番きれいなアオバセセリが飛んできてくれました。
少なかったチャンスです。

c0315700_13161648.jpg





c0315700_14372519.jpg





c0315700_13431991.jpg




こちらは翅が少し傷んでいます。
c0315700_13124945.jpg





c0315700_13125526.jpg





c0315700_16022948.jpg





c0315700_13264615.jpg

5月11日 東京郊外で。




会えたといっても、数が少ない。
私が実際にみたのは2頭のみ。

翅の傷んだアオバセセリも飛んでいたようで、実際は3頭のみしか確認できませんでした。

また、ウスバシロチョウに関しては、たったの2頭のみでした。




春先の天候の変化、咲いている花も少ないこともありましたが、
ヒメウツギはもう満開に近く咲いていて、もっと飛んでいてもいいのではないかな
と思うほど、昨年に比べてチョウの数の少なさに驚きました。

それともこれから発生するのかどうなのか、分かりません。






そして、もう一つ驚いたこと(毎年思うこと)

ネットマンの多さ。

人間がすっぽり入るほどの、大きな網を抱えてチョウの採集をしている人の数が

蝶撮CMさんより多かったことです。




彼らが求める、生まれて間もない新鮮なチョウたちを採集してしまったら

次世代に繋がる、新生チョウたちは激減してしまうことは明らかです。

このままでいいのでしょうか。




狭い林道の限られた範囲にみられる春の風物詩

いつまでもみられるようにと祈るばかりです。












by rindon3190 | 2017-05-12 18:00 | 昆虫 | Comments(8)