旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 16日 ( 1 )


2017年 05月 16日

山麓のモンキチョウ


標高1450m付近の北アルプス山麓は、まだ残雪の多い早春の風情でした。

僅かな期待も空しく、お目当てのチョウはみられませんでしたが、
それでも、モンキチョウに会うことができました。


チョウがいないので鳥の撮影に切り替え、樹々に目をやっていたら
突然、足元にモンキチョウが現われてくれた。
多分オスメスかもしれないが2頭絡み合って飛んでいて、早春賦を思わせる一瞬でした。

未だ多くの雪の残る沢沿いに、花と言えばニリンソウとスミレと桜しかない。
この1頭が、大きくなったフキノトウの花にとまってくれた。


もう高山蝶・・?  かと思いましたが・・・
モンキチョウでした。
撮れたのは数カットのみ。
突然遊びに来てくれたので、モンシロチョウかと思ったり、
足元も平らなところではないので追いかけるわけにもいかず
レンズを向けるのに手間がかかり、うまく撮れなかったのが心残りでした。



モンキチョウ

c0315700_10035713.jpg



c0315700_10032248.jpg



c0315700_10025563.jpg



山麓では桜が満開
背景は沢筋の残雪です。
c0315700_10020932.jpg



芽吹きもやっとです。
c0315700_10023559.jpg




c0315700_10015439.jpg

(5月15日撮影)



今年は残雪が多く、チョウが現れるのが遅れているようです。

5月では珍しく残雪の量が多い、と現地のかたのお話でした。



それでも沢沿いの雪が融ければ

多分すぐにでも羽化して華やかに飛んでくれるでしょう。













by rindon3190 | 2017-05-16 18:00 | 昆虫 | Comments(2)