旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 06日 ( 1 )


2017年 06月 06日

オオミドリシジミの占有行動


オオミドリシジミは、平地性ゼフィルスのうちで一番活発な動きを見せる。

ミドリシジミは比較的おとなしく、じーっと日向ぼっこをしていて写真も撮りやすいのだが、
こちらは止まったかと思うとすぐ飛び出し、少しもじっとしていない。
占有行動の激しいチョウであることがよくわかる。


陽が射し込むと高い樹林の上から降りてきて、十数頭が絡み合い卍巴飛翔を繰り返す。
観ていて羨ましいくらい自由なのだ。
そのあと、低地のアオキや山椒の葉の上でテリ張りをする。


早いこと、早いこと
とてもカメラが追い付かない。
飛んでいるところは、ボケ量産でした。

c0315700_15295714.jpg




c0315700_15100316.jpg



c0315700_15104266.jpg




c0315700_15090610.jpg




c0315700_15050436.jpg



c0315700_15085232.jpg




c0315700_15072392.jpg



c0315700_15054023.jpg




まだ新鮮な翅ですが、激しい占有行動にすぐ傷んでしまいそうです。
c0315700_15042279.jpg



思うような色が出ません。
c0315700_16351795.jpg



c0315700_16224162.jpg



c0315700_15040264.jpg



c0315700_15003356.jpg




メスかとも思ったが、まだメスは出てきていないようだ。
光の加減で色が出ていない。
c0315700_16215884.jpg




気持ちいい程元気なオオミドリシジミに

魅せられました


ここで、また来年!









by rindon3190 | 2017-06-06 18:00 | 昆虫 | Comments(4)