カテゴリ:旅( 7 )


2017年 03月 19日

春の小さな妖精たちⅡ


春にだけ出現し、
丸っこい体がもふもふのビロードのような毛で覆われ、
長い脚、長くて鋭い口吻で花から花へ飛びまわります。

とっても愛嬌のあるアブちゃんです。



ドカ~ンと、
春の妖精 ビロードツリアブ。

c0315700_17380728.jpg



菜の花がお気に入り。
c0315700_17380029.jpg



c0315700_17374963.jpg



c0315700_17381724.jpg




こちらもハナアブいろいろ。

ベレー帽がかわいい!
c0315700_17385547.jpg



c0315700_17383022.jpg



c0315700_17384273.jpg



c0315700_17390204.jpg




シロバナタンポポも咲いていました。
c0315700_18050134.jpg



小さなハコベ。
c0315700_17394606.jpg


蝶さんたちと一緒に飛んでいて

春の長閑な風景をみせてくれます。



ビロードツリアブをみると余計に

春だなぁ~ と感じます。









by rindon3190 | 2017-03-19 18:30 | | Comments(8)
2015年 02月 07日

フランスの旅Ⅱ オンフルール

昨日にひきづつきフランスの旅の思い出です。
今日はオンフルールとパリドゴール広場の凱旋門です。

オンフルールはノルマンデー地方の古い港町です。
印象派の画家たちが好んで訪れたという、どことなく鄙びていてそれでいてオシャレな建物が並ぶ雰囲気のある街です。

c0315700_17490728.jpg
c0315700_17580175.jpg

街にあるサンカトリーヌ教会。
フランスで最古の木造建築の教会だそうです。
c0315700_17485010.jpg
街なかのオシャレな建物。
c0315700_17484068.jpg
街角でおもしろいものを見つけました。
日本の「見ざる言わざる聞かざる」をもじったような
プレートがありました。
c0315700_17483217.jpg
オシャレなレストラン。
c0315700_18003861.jpg
ここからはパリです。
シャンゼリーゼ通りのカフェ。
c0315700_17480256.jpg

シャンゼリーゼ通りにある凱旋門。
ナポレオンがつくらせた凱旋門ですが、完成を見ずして亡くなり1836年の完成です。
c0315700_17473397.jpg


この門の彫刻がまた素晴らしいのです。
それぞれに名称があります。

「1792年出発」
c0315700_17465672.jpg
「1810年勝利」
c0315700_17470894.jpg
「1815年平和」
c0315700_17471869.jpg
「1814年抵抗」
c0315700_18503489.jpg
凱旋門に行ったら是非見上げてみてください。
今回でフランスの旅は終了です。












by rindon3190 | 2015-02-07 19:41 | | Comments(4)
2015年 02月 06日

フランスの旅  サモトラケのニケ

国立新美術館でルーブル美術館展が開催されます。
  2月21日(土)~ 6月1日(月)まで。

あの「サモトラケのニケ」も展示されるという。

★★ 実は本物が来るのではなく、レプリカが展示されるということです。
   訂正致します。


以前ですが、フランスへの旅で美術館巡りをした時に
真っ先にみたかった彫刻像がこの像だった。

紀元前2C頃の作品といわれるギリシャ彫刻の優美で均整のとれた勝利の女神ニケ。
空を舞うようにつけられたと思える、大きな翼。
ギリシャ文明の創造性と造形美に感動したものです。

サモトラケのニケ
c0315700_11491041.jpg
同じくルーブルにある
ミロのビーナス像。
c0315700_11491608.jpg
ルーブル美術館
c0315700_11522078.jpg
c0315700_11492639.jpg
この日はFreeの日で朝から沢山の人の列。
c0315700_11494060.jpg
近くにはオルセー美術館もあります。
入口のモニュメント。
c0315700_11502123.jpg
c0315700_11503314.jpg
オルセー美術館はパリ万博のころに使用された駅で
この美術館はその駅舎だそうです。
内部の大時計はその時のもの。
c0315700_11505031.jpg
両美術館のあいだを流れるセーヌ川。
いつも観光船に人がいっぱいです。
c0315700_11500004.jpg
奥はオルセー美術館です。
c0315700_11501226.jpg
ルーブル美術館には展示作品が沢山あります。
みたいもの優先で行くのがいいですね。
オルセー美術館にも沢山の作品があり、
私の好きなゴッホやゴーギャンの代表作がみられました。
今日はフランスの旅からでした。

















by rindon3190 | 2015-02-06 19:04 | | Comments(2)
2014年 06月 15日

横浜点描

ちょっと前に撮った横浜の風景。
c0315700_21155796.jpg
c0315700_21152183.jpg
c0315700_21150457.jpg
横浜にはいろいろな顔があります。



by rindon3190 | 2014-06-15 21:27 | | Comments(2)
2014年 01月 25日

雪の永平寺

雪の永平寺に行ってきました。(1月19日)
永平寺は雪深い深山幽谷の山奥にあります。
座禅修業の寺として有名ですが、雪深いこの時期に訪れるのも
趣があります。
c0315700_17480603.jpg
c0315700_17522960.jpg
 杉の大木が素晴らしい
c0315700_17521620.jpg
 永平寺川の流れ
c0315700_18480242.jpg
c0315700_17520314.jpg
 電線に絡む「雪ひも」の現象が見られます
 雪深いことがわかります




by rindon3190 | 2014-01-25 18:07 | | Comments(2)
2014年 01月 20日

雪の白川郷

1995年、世界文化遺産に登録された白川郷
雪の白川郷が見たくて行ってきました
少々雪が少なかったのですが、ライトアップされてきれいでした
ライトアップは、1/18日~2/15日の間の7日間だけ行われています
c0315700_17355444.jpg
c0315700_17345858.jpg
c0315700_17370432.jpg

c0315700_17571293.jpg
c0315700_17342871.jpg
屋根の造りは大変興味深いものがあります
合掌造りは豪雪に耐えるためと屋根裏で営まれる
養蚕業に都合のいい空間でもありました
茅葺屋根の補修作業は大変な労力がいるそうです

c0315700_17344429.jpg



by rindon3190 | 2014-01-20 18:21 | | Comments(2)
2014年 01月 11日

雪の善光寺

雪の善光寺をお正月にお参りしました。
「牛に引かれて善光寺参り」と言いますが、
信心深くない私は境内の景色に眼が奪われて・・・
境内の赤松に感激しました。

c0315700_22161883.jpg
 赤松が素晴らしかったです
c0315700_22155695.jpg
 
 ユキツバキが雪に耐えて咲いていました
 光がなく余りピンがよくありませんが
c0315700_22152634.jpg
c0315700_22150229.jpg
c0315700_22135274.jpg
 
 グミの実もたっぷりの雪がついて
c0315700_22125251.jpg
 
 雪の善光寺本堂
c0315700_22350110.jpg
c0315700_22131949.jpg
 
忠霊殿 善光寺資料館
雪の風情がいい感じでした
c0315700_22165906.jpg

雪の中でほほ笑んで迎えてくれたお地蔵さま
c0315700_22121682.jpg
                   **在庫より**
       咲いていた椿はヤブツバキと思っていましたが、ユキツバキのように思えましたので
       直させていただきました。 (確実性はありませんが・・・)


      



by rindon3190 | 2014-01-11 22:48 | | Comments(2)