旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 432 )


2017年 06月 21日

トラフシジミ夏型



トラフフシジミの夏型にあいました。
吸水に降りたところです。


夏型は、春型のようにくっきりした白いストライプの入った模様とは違い
少し地味な感じです。
c0315700_15501793.jpg




翅を開いてくれました。
トラフシジミの表翅は初めてみます。
色があまり出ていないのでまわろうとしたら、飛んでいってしまった。
c0315700_15502732.jpg



終盤のスミナガシにもあえました。
ウラギンシジミと吸水中。

地面は少し暗いので画像がスッキリしません。
c0315700_15492768.jpg




c0315700_15491117.jpg




c0315700_15493872.jpg




ミドリシジミの一種ですが、正確には分かりません。
こちらも終盤でした。
c0315700_15523502.jpg


キマダラセセリ
c0315700_15511682.jpg



オオカギバ
かと思います。
ここではよく見かけます。
c0315700_15510730.jpg




前翅端が鉤状になっています。
女の子の顔のようで、ひょうきんな蛾

ギンモンカギバ
のようです。
c0315700_15505744.jpg




貴重な晴れの日の
6月20日 東京郊外で









by rindon3190 | 2017-06-21 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 20日

里山のトンボⅡ コシアキトンボ


昨日に引き続きトンボです。




コシアキトンボ

日中陽ざしの強いなか、このトンボは元気に飛び回っています。
近くの小沼などで観られ、夏を感じさせるトンボです。

c0315700_15033431.jpg




c0315700_16180398.jpg




c0315700_15034278.jpg




胴の周りの白い模様が目立ちます。
c0315700_15032306.jpg




c0315700_15041140.jpg




c0315700_15035467.jpg




全身が赤い
ショウジョウトンボも一緒に戯れていました。
c0315700_15025899.jpg



普通にみられる
シオカラトンボ
c0315700_16165048.jpg




どのトンボも飛ぶのが早く

飛んでいるところは難しかったです。












by rindon3190 | 2017-06-20 18:00 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 06月 19日

里山のトンボ コオニヤンマ


夏も近づき、トンボも沢山みかけるようになりました。

里山歩きで出会ったトンボ



水路にとまる コオニヤンマ
獲物を待っているのかな。
c0315700_16153857.jpg




オニヤンマの複眼は上部がくっついているけど
こちらは離れています。
調べて分かりました。   
c0315700_13570471.jpg




結構大きいです。
ヤンマというけど、サナエトンボの一種だそうです。
後ろ脚が長いのが特徴で、聞いてなるほどと思いました。
c0315700_16152873.jpg




c0315700_16151603.jpg



各所でみかけます。
c0315700_15473237.jpg



こちらは、サナエトンボの一種
(高尾で)
c0315700_14031684.jpg


オニヤンマは久しくみていません




週中頃から梅雨らしい天気になる、との予報です


そうなると、やっぱり晴れの日は貴重です













by rindon3190 | 2017-06-19 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 06月 16日

コフキゾウムシ



コフキゾウムシの交尾

見過ごされてしまいそうな小さな姿
よくみると可愛いです。

c0315700_16545248.jpg



c0315700_16544547.jpg



c0315700_16584998.jpg




コウゾの実にはてんとう虫が
桑の実に似ていて甘いです。
c0315700_16541822.jpg



c0315700_16550179.jpg




雨の少ない6月です







by rindon3190 | 2017-06-16 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 15日

里山のチョウたち


梅雨の季節、樹林帯ではオオミドリシジミがみられ
里山では、畑の周りに植えられた背丈の低い早咲きのヒマワリに
モンキチョウが吸蜜に訪れていました。
(ヒマワリというのかどうか、正式に名前があるのかどうか分かりません)




モンキチョウがヒマワリで吸蜜?
美味しいのかな。
c0315700_10510421.jpg



c0315700_10505527.jpg


別の場所では
キマダラセセリ
c0315700_10504661.jpg



小さいけど、くっきりした模様がきれいです。
c0315700_10503667.jpg



久し振りにツバメシジミをみました。

疲れている感じがします。
c0315700_14570840.jpg



テングチョウ

表翅はオレンジ色をしていますが、
止まっている姿はテングチョウの本来の姿をみせてくれています。
こんなテングチョウがいいですね。

c0315700_14572051.jpg




雨が少ないと思っていましたが

ここにきて少し雨らしい日もあります


梅雨季なりに楽しみたいと思います











by rindon3190 | 2017-06-15 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 06月 11日

オオミドリシジミの占有行動とミドリシジミメスの開翅 再び


オオミドリシジミは最後の機会になるだろうと思い
今日、一週間ぶりに会いに行ってみました。

天気は晴れとの予報でしたが意外や雲が多く
時折射し込む光に反応して、高い樹林から降りてきていたが
陽が陰るとさっーといなくなり、無味なヤブに変わってしまう。

それでも元気な姿がみられ、飛翔シーン再チャレンジをしてみました。



オオミドリシジミ
c0315700_15375940.jpg


高い樹林にとまるので、翅のブルーは撮れない。
c0315700_15381651.jpg



前回ほどではなかったが、
数頭が卍巴飛翔を繰り返していた。
c0315700_15382661.jpg



翅は大分傷んできています。
c0315700_15383590.jpg




c0315700_15384307.jpg



c0315700_15385520.jpg


最後だからと、飛翔シーンに挑戦するも
今回もうまくいきません。
c0315700_15390364.jpg



前日、別のポイントに初めて行ってみました。

こちらはミドリシジミのメスがみられました。
寂しいことにオスには会えなかった。
今季数ポイント訪ねたが、今年はオスメスとも発生数が少ないように感じました。
c0315700_15364705.jpg



愛嬌のあるメス
c0315700_15301422.jpg



c0315700_15302391.jpg



c0315700_15344591.jpg



一緒に撮っていたかたがLEDライトを照らしたら
即反応してくれ、開翅してくれました。

とっても健気
c0315700_15345879.jpg



c0315700_15371971.jpg




梅雨に入っても雨らしい雨のない関東地方

これから困るほど降るのでしょうか










by rindon3190 | 2017-06-11 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 06月 10日

ゼフィルスと一緒にみられたチョウ


ゼフィルスを撮っていて
沢山のチョウに出会いました。



初夏の淡い色合いのキタテハ
c0315700_14501615.jpg



c0315700_14502340.jpg




アゲハモドキ

ゼフィルスが飛ぶ頃、同じ場所でよくみかけます。
生まれたてか、とてもきれいな翅の色をしていました。
草がじゃまをして、少々難点。
c0315700_14523716.jpg



どくだみの花には
チャバネセセリ
c0315700_14414359.jpg



吸水中の
イチモンジチョウ
c0315700_12591309.jpg



c0315700_14515985.jpg


テングチョウ

まるで枯葉になり切っています。
c0315700_14412565.jpg


サトキマダラセセリ

翅が傷んできました。
c0315700_14503144.jpg



ハナイカダの実
c0315700_15331813.jpg



ゼフィルスが飛ぶころ同時に

里山にはいろいろなチョウが飛び交い賑やかです










by rindon3190 | 2017-06-10 18:00 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 06月 09日

ミドリシジミ メスの開翅と一緒にみられたチョウ


ミドリシジミ メスの開翅


メスの表翅の紋の種類はO型、A型、B型、AB型と4種の型があり、
まるで人間の血液型のような型名がついています。
遺伝学的に「同一種の多型現象」といわれているそうで
ミドリシジミのメスにだけみられるということです。
私には詳しいことはよく分かりませんが、
撮っていて確かに翅の模様の違いがあることが分かります。

今回あえたのは、前翅に少しオレンジ色がみえるメスですが、
A型とは言えないような・・・
O型かも知れません。

4種の紋型、面白そうなので探してみたくなりました。
といっても、これが難しい。
c0315700_14522520.jpg



c0315700_14521663.jpg



c0315700_15014552.jpg




目覚めたばかりは、ゆっくりしています。

ねむそ~
c0315700_14514707.jpg



c0315700_14504229.jpg



アカシジミは、たくさんみられます。
でも、もう終盤かな。
c0315700_14500786.jpg



c0315700_14445094.jpg



ウラナミアカシジミもたくさん飛んでいます。
c0315700_12585051.jpg




ベニシジミも仲良く仲間入り
c0315700_14444078.jpg




ウラゴマダラシジミかと思ったのですが、
ルリシジミです。
c0315700_14413576.jpg



ゼフィルスと一緒のフィールドで

みられたチョウたちです

まだいます








by rindon3190 | 2017-06-09 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 08日

ミズイロオナガシジミ ウラゴマダラシジミの卵


ミズイロオナガシジミは、涼し気で
いつみても可愛い。

c0315700_12492997.jpg



少しだけ翅を開いてくれました。
c0315700_12495487.jpg




c0315700_13004125.jpg



別の場所では
c0315700_13081303.jpg



翅を開いてくれました。
c0315700_13031401.jpg





ウラゴマダラシジミの卵を初めてみました。
(現地で教えて頂きました)

イボタノキにつけられていた赤い卵
ほんの2㎜弱位の大きさで、
プラスチックのおもちゃのような形をしています。

これが卵・・?  とてもユニーク!
c0315700_12315036.jpg



ウラゴマダラシジミ
c0315700_12583721.jpg




ホタルブクロで吸蜜

奥まで届くのかな~
c0315700_12580285.jpg

6月3日



里山ではゼフィルスと一緒に

いろいろのチョウがみられます。














by rindon3190 | 2017-06-08 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 06日

オオミドリシジミの占有行動


オオミドリシジミは、平地性ゼフィルスのうちで一番活発な動きを見せる。

ミドリシジミは比較的おとなしく、じーっと日向ぼっこをしていて写真も撮りやすいのだが、
こちらは止まったかと思うとすぐ飛び出し、少しもじっとしていない。
占有行動の激しいチョウであることがよくわかる。


陽が射し込むと高い樹林の上から降りてきて、十数頭が絡み合い卍巴飛翔を繰り返す。
観ていて羨ましいくらい自由なのだ。
そのあと、低地のアオキや山椒の葉の上でテリ張りをする。


早いこと、早いこと
とてもカメラが追い付かない。
飛んでいるところは、ボケ量産でした。

c0315700_15295714.jpg




c0315700_15100316.jpg



c0315700_15104266.jpg




c0315700_15090610.jpg




c0315700_15050436.jpg



c0315700_15085232.jpg




c0315700_15072392.jpg



c0315700_15054023.jpg




まだ新鮮な翅ですが、激しい占有行動にすぐ傷んでしまいそうです。
c0315700_15042279.jpg



思うような色が出ません。
c0315700_16351795.jpg



c0315700_16224162.jpg



c0315700_15040264.jpg



c0315700_15003356.jpg




メスかとも思ったが、まだメスは出てきていないようだ。
光の加減で色が出ていない。
c0315700_16215884.jpg




気持ちいい程元気なオオミドリシジミに

魅せられました


ここで、また来年!









by rindon3190 | 2017-06-06 18:00 | 昆虫 | Comments(4)