カテゴリ:昆虫( 394 )


2017年 04月 28日

里山に遊ぶチョウ


春めき、里山に遊ぶチョウも増えてきました。

ツマキチョウのオスはよく見られますが、
メスにはなかなか会えませんでした。
やっと会えました。



ツマキチョウ♂

陽ざしが強くて裏翅が濃くなってしまいました。
c0315700_17452183.jpg



ムラサキケマンの花に
c0315700_17430584.jpg



セリバヒエンソウに
c0315700_17420736.jpg



ツマキチョウ♀

やっとメスに会えたのに
消え入るように弱々しく飛んでいました。
フジの葉っぱに。
c0315700_17461830.jpg




c0315700_17460372.jpg




c0315700_17461011.jpg




ハナニラに止まっていたのは
クロヒカゲ
c0315700_18011523.jpg



この子はとっても元気。
フジの葉に止まり、こちらを覗いている様子。
c0315700_17464576.jpg



これは別個体です。

こちらは目玉模様がいっぱいあります。
c0315700_17465654.jpg



元気なコチャバネセセリにあえました。
今年初見です。
c0315700_17472366.jpg




もうじき足元の地面では
仲間たちと一緒に吸水する姿がみられます。
c0315700_17471543.jpg




小さなセセリチョウやシジミチョウが飛んでいる里山

足元も楽しくなります。














by rindon3190 | 2017-04-28 18:35 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 25日

今年観た初見のチョウ


初見と言っても当然私のみた、初見のチョウたちです。
日曜日の暖かさでチョウも多種、みられるようになりました。
4月23、25日にかけてみられたチョウたちです。

クロコノマチョウ、ツマグロヒョウモンなど
南方系といわれるチョウが早々と飛んでいました。




クロアゲハ
c0315700_16425081.jpg


新緑のなか、元気に飛びまわります。
c0315700_16424242.jpg



トンボのいる湿地に
コミスジがみられました。
c0315700_16421523.jpg



すぐ飛んでいき、開翅はみられませんでした。
c0315700_16414668.jpg



クロコノマチョウ

同じく湿地の草むらを飛んでいました。
c0315700_16413596.jpg



草むらでかくれんぼ。
残念ながら全体を撮れません。証拠写真です。
枯葉がついているようにしか見えません。
c0315700_16412722.jpg



ツマグロヒョウモン♂

他のチョウたちもオスが多かったです。
c0315700_17074126.jpg



こちらは翅が少し傷んでいます。
c0315700_17073013.jpg



草むらをチラチラ飛んでまわる

ヒメウラナミジャノメ
c0315700_16405171.jpg




c0315700_16403259.jpg




ツバメシジミ

尾状突起がかわいい。
白さが眩しい、愛らしいシジミチョウです。

c0315700_16401313.jpg


こちらもオス。
c0315700_16400183.jpg



暖かくなるとチョウたちも活発に飛び回ります。


この他にもナガサキアゲハのような黒いアゲハもみました。



by rindon3190 | 2017-04-25 18:05 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 23日

ヒメギフチョウとカタクリ


カタクリにとまるヒメギフチョウに会いたいと思い、中信を訪ねました。
(4月19日撮影)

カタクリのピークは少し過ぎた感がありましたが、
春を謳歌すべくヒメギフチョウは飛んでくれました。




たった一度だけのチャンス。

ひらり、と降りてきて比較的近いところに止まってくれました。
カタクリにとまった一瞬を撮影できました。

c0315700_16195297.jpg



c0315700_17431706.jpg




花がごちゃごちゃとしているところを飛び回ります。
c0315700_09373347.jpg



水滴落として。
分かりますか。
c0315700_08400014.jpg



c0315700_08402744.jpg



なかなか思うように撮らしてくれません。
翅を乾かしているのか、地面にとまることも多かった。
c0315700_09374801.jpg



ちっとも花にとまってくれません。
暫くこの状態でした。

c0315700_09384595.jpg



c0315700_09383767.jpg




ここのカタクリは色が濃く、
葉に茶色の斑の入ったウズラバのカタクリでした。
c0315700_10401974.jpg



c0315700_10484563.jpg





春の五竜岳


次の日の朝、山々は春霞でスッキリしていませんでしたが、
雪が融けて、五竜菱がくっきりと見えていました。

冬に中遠見尾根まで登ったことがあり、間近に迫る五竜岳の迫力を思いだしました。

c0315700_07281458.jpg



いつかまた、今度は五竜岳山麓で

カタクリにとまるヒメギフチョウを撮りたいと思っています。













by rindon3190 | 2017-04-23 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 19日

ツマキチョウが舞う


昨日のトンボと同じ湿地で、ツマキチョウも楽しそうに飛んでいました。

舞うといっても、相変わらず止まることなく飛び回ってばかりなのです。

距離が遠くて、うまく撮れません。




オス同士で追いかけっこ。
追いかけっこ、というより優雅にとんでいます。
c0315700_10401345.jpg



c0315700_10402100.jpg



c0315700_10395515.jpg



c0315700_13312949.jpg



みていると、モンシロチョウとも追いかけっこをしています。

このアシの茂ったヤブはどうやらツマキチョウのテリトリーのようです。
入ってきたから追い出しているのかな。
c0315700_10384293.jpg



花にはめったにとまりません。
c0315700_11010357.jpg



草むらでみつけるハルリンドウは清涼感たっぷり。
リンドウにとまってほしかった。
c0315700_10403174.jpg




ツマキチョウが花にとまるのを

都会の花畑ではよく見かけますが、

里山では飛び回ってばかりです。

とても元気なのです.
(4月16日撮影)




by rindon3190 | 2017-04-19 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 18日

トンボの季節


いよいよトンボの季節です。

湿地の周りにはイトトンボなどが
春の陽ざしのなかで飛び回っていました。




アサヒナカワトンボ

アサヒナカワトンボとニホンカワトンボの区別ははっきり分かりませんが、
この固体は、アサヒナと思います。




桜の花びらをバックに。
メスでしょうか。
c0315700_08360448.jpg



c0315700_08350789.jpg



c0315700_08351848.jpg



こちらはオス
c0315700_08355182.jpg



シオヤトンボ

もう飛んでいます。
オス
c0315700_09334452.jpg



c0315700_08361962.jpg



c0315700_08342631.jpg


メス
c0315700_11012664.jpg



水辺にはニリンソウも咲いています。

c0315700_09335795.jpg



色の濃いスミレも咲いて
歩く足元を楽しませてくれます。

c0315700_08373619.jpg





アオイトトンボもみかけましたが、

スーと消え入るように草むらに入り、見失ってしまいました。

好きなイトトンボですが、なかなか撮らしてもらえません。

(4月16日撮影)






by rindon3190 | 2017-04-18 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 16日

ギフチョウと桜の饗宴


穏やかに、優雅に舞うギフチョウが桜にとまると
より一層、このチョウの儚さを感じます。
今回は飛んでいる姿はありません。


八重桜に吸蜜するギフチョウ
c0315700_15234507.jpg



c0315700_16043068.jpg



c0315700_18274110.jpg



c0315700_15230007.jpg



満開のマメザクラに吸蜜
c0315700_15242412.jpg



c0315700_15231998.jpg



c0315700_15244439.jpg




この日一番きれいに開翅してくれたのは
桜ではなく、水仙の葉のうえでした。
c0315700_15260716.jpg



ギフチョウと桜

春のひと時だけの饗宴です。

(4月14日撮影)










by rindon3190 | 2017-04-16 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 04月 15日

スギタニルリシジミ


ギフチョウの飛ぶ里に、スギタニルリシジミも飛んでいました。
いつもは草むらを低く飛んでいる姿をみるのですが、
14日は暑いくらいの陽気で
咲きだした桜やミツバツツジの花に吸蜜に訪れていました。




スギタニルリシジミ

とってもお茶目なシジミチョウです。
毛がもこもこで可愛い。
c0315700_10415241.jpg


c0315700_10414041.jpg


c0315700_10412701.jpg


桜も一気に満開になりました。
ピンクに渋い翅が似合っています。

c0315700_10432200.jpg


色の濃いミツバツツジで。

c0315700_10440779.jpg



c0315700_10504838.jpg


輝くブルーの翅が美しい。
c0315700_10443695.jpg



そのほかにも、桜に沢山のチョウたちが吸蜜に訪れていました。


キタテハ
c0315700_11350033.jpg


ミヤマセセリ
満開のマメザクラで。
c0315700_11344494.jpg


今年初見のトラフシジミ
c0315700_12293746.jpg


サクラの枝を、トコトコ歩いてばかりです。
c0315700_12315400.jpg


c0315700_11342918.jpg



ここに5日にも行きましたが、

その頃は花もなく殺風景な里山風景でした。


一週間も過ぎた14日には沢山の花が咲き

春爛漫の里山は、チョウの楽園のようでした。










by rindon3190 | 2017-04-15 17:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 13日

ツマキチョウの春


街なかの、緑道の一角にある花壇にハボタン(花キャベツ)が植えられていて、
春に花をつける頃、ツマキチョウが訪れます。
以前に撮ったことがあるので、今年もきていないかな~と期待していたら
やっぱり来ていました。

花壇の花は、冬はボランティアのかたに手入れされていると思うのですが、
毎年同じところにくることに不思議さを感じます。
それとも、ここのハボタンに産みつけられた卵→蛹から羽化したものなのでしょうか。


桜吹雪にまぎれて舞うツマキチョウが優雅でした。
スジグロシロチョウ、モンシロチョウも一緒に飛んでいて見極め難かったですが、
とまればよくわかりますね。
飛翔シーン、バックは民家ばかりでうまくいきませんでした。

c0315700_16265866.jpg


c0315700_16264420.jpg


バックの玉ボケ模様は、散った桜の花びらです。
c0315700_16263440.jpg


c0315700_16272595.jpg


c0315700_16405436.jpg


陽ざしが強く、ちょっとギンギンになってしまいました。

ここでみるのはいつもオスばかりです。


近くでしたらもっと確認できるのですが、
所用で東京・目黒へ出かけた時に撮っています。
(4月12日撮影)








by rindon3190 | 2017-04-13 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 12日

春の花に遊ぶハチ、アブちゃん


小さな花の多い春の野辺に、
ハチやアブちゃんたちが遊びにきます。



ニッポンヒゲナガハナバチ(かな)

ヒメオドリコソウで吸蜜。
春先にだけ発生して花に遊び、巣は池中につくるという。
池中の巣もみてみたいものです。

触角が長いのと、目に愛嬌があります。
c0315700_16263163.jpg


c0315700_16260875.jpg



ナズナで吸蜜する
ちょんまげ姿のアブちゃん
c0315700_16265238.jpg



こちらはチューリップにとまるハチ
ハチもチューリップ色に。
c0315700_17121878.jpg



ハナニラにもアブが好んで吸蜜します。
c0315700_17122732.jpg



菜の花にアブちゃん
c0315700_16271370.jpg



オオイヌノフグリにもいろいろなアブが来ますね。
c0315700_16252944.jpg



ムラサキハナナに、ご存じ春の小さな使者

ビロードツリアブ
c0315700_16270251.jpg




春の野辺の花をみていると

春先にだけ発生するアブなどが遊んでいて

ほんとに春を感じさせられます。



by rindon3190 | 2017-04-12 18:00 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 04月 10日

新生キアゲハ


週末、あいにくの雨模様の天気で出かけられず、
晴れた今日いつもの里山に行ってみました。

ツマキチョウが飛んでいないかと思ったのですが、
思いがけず新生蝶、キアゲハにあえました。

早い発生かと思ったのですが、調べてみると3月~の発生だそうで
特別早いとは言えないようだ。
春は寒い日が多かったので、早く感じてしまいます。


あまり元気に飛ばず、地面に止まってばかりです。
翅の色も真夏の時のように黄色が濃くありません。

一か所切れていましたが、きれいな淡い色合いの翅でした。

c0315700_13053092.jpg



c0315700_13051811.jpg



c0315700_12331435.jpg



c0315700_12330155.jpg



飛翔の証拠写真(>_<)
c0315700_13131852.jpg



モンキチョウもタンポポに。
c0315700_12353276.jpg



桜にはスジグロシロチョウが飛んできました。
スジグロはモンシロより多いか、と思うほどよくみかけます。
c0315700_13070737.jpg


黄色のウンナンロウバイ。
まだ蕾をつけています。
c0315700_12593536.jpg



新生蝶が続きますが、

暖かくなるのをチョウたちは待っていたかのように発生しています。





by rindon3190 | 2017-04-10 18:04 | 昆虫 | Comments(2)