2017年 04月 25日

今年観た初見のチョウ


初見と言っても当然私のみた、初見のチョウたちです。
日曜日の暖かさでチョウも多種、みられるようになりました。
4月23、25日にかけてみられたチョウたちです。

クロコノマチョウ、ツマグロヒョウモンなど
南方系といわれるチョウが早々と飛んでいました。




クロアゲハ
c0315700_16425081.jpg


新緑のなか、元気に飛びまわります。
c0315700_16424242.jpg



トンボのいる湿地に
コミスジがみられました。
c0315700_16421523.jpg



すぐ飛んでいき、開翅はみられませんでした。
c0315700_16414668.jpg



クロコノマチョウ

同じく湿地の草むらを飛んでいました。
c0315700_16413596.jpg



草むらでかくれんぼ。
残念ながら全体を撮れません。証拠写真です。
枯葉がついているようにしか見えません。
c0315700_16412722.jpg



ツマグロヒョウモン♂

他のチョウたちもオスが多かったです。
c0315700_17074126.jpg



こちらは翅が少し傷んでいます。
c0315700_17073013.jpg



草むらをチラチラ飛んでまわる

ヒメウラナミジャノメ
c0315700_16405171.jpg




c0315700_16403259.jpg




ツバメシジミ

尾状突起がかわいい。
白さが眩しい、愛らしいシジミチョウです。

c0315700_16401313.jpg


こちらもオス。
c0315700_16400183.jpg



暖かくなるとチョウたちも活発に飛び回ります。


この他にもナガサキアゲハのような黒いアゲハもみました。



# by rindon3190 | 2017-04-25 18:05 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 04月 23日

ヒメギフチョウとカタクリ


カタクリにとまるヒメギフチョウに会いたいと思い、中信を訪ねました。
(4月19日撮影)

カタクリのピークは少し過ぎた感がありましたが、
春を謳歌すべくヒメギフチョウは飛んでくれました。




たった一度だけのチャンス。

ひらり、と降りてきて比較的近いところに止まってくれました。
カタクリにとまった一瞬を撮影できました。

c0315700_16195297.jpg



c0315700_17431706.jpg




花がごちゃごちゃとしているところを飛び回ります。
c0315700_09373347.jpg



水滴落として。
分かりますか。
c0315700_08400014.jpg



c0315700_08402744.jpg



なかなか思うように撮らしてくれません。
翅を乾かしているのか、地面にとまることも多かった。
c0315700_09374801.jpg



ちっとも花にとまってくれません。
暫くこの状態でした。

c0315700_09384595.jpg



c0315700_09383767.jpg




ここのカタクリは色が濃く、
葉に茶色の斑の入ったウズラバのカタクリでした。
c0315700_10401974.jpg



c0315700_10484563.jpg





春の五竜岳


次の日の朝、山々は春霞でスッキリしていませんでしたが、
雪が融けて、五竜菱がくっきりと見えていました。

冬に中遠見尾根まで登ったことがあり、間近に迫る五竜岳の迫力を思いだしました。

c0315700_07281458.jpg



いつかまた、今度は五竜岳山麓で

カタクリにとまるヒメギフチョウを撮りたいと思っています。













# by rindon3190 | 2017-04-23 18:00 | 昆虫 | Comments(4)