旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ギフチョウ ( 10 ) タグの人気記事


2017年 04月 21日

ギフチョウ 紫の花に憩う


ギフチョウは紫色の花にくるといいます。

春の花に多い紫系の花。
この日陽ざしが強く、花の色はますます派手になり
ギフチョウも花に負けてしまいそうでした。

同じ花の色ばかりが続きます。
4月14日撮影




ミツバツツジの周りを、楽しそうに飛び回るギフチョウ
この日は数頭確認されました。
c0315700_15572838.jpg



c0315700_15580661.jpg


c0315700_15574790.jpg


c0315700_15582926.jpg



c0315700_15571947.jpg



民家の庭先に咲く
ヒマラヤユキノシタの花にも何度も訪れていました。
c0315700_15585900.jpg


c0315700_16043079.jpg



ギフチョウにとって
夢のような春の日だったことでしょう
 

それを眺める私たちも幸せな時間でした











by rindon3190 | 2017-04-21 18:00 | | Comments(4)
2017年 04月 16日

ギフチョウと桜の饗宴


穏やかに、優雅に舞うギフチョウが桜にとまると
より一層、このチョウの儚さを感じます。
今回は飛んでいる姿はありません。


八重桜に吸蜜するギフチョウ
c0315700_15234507.jpg



c0315700_16043068.jpg



c0315700_18274110.jpg



c0315700_15230007.jpg



満開のマメザクラに吸蜜
c0315700_15242412.jpg



c0315700_15231998.jpg



c0315700_15244439.jpg




この日一番きれいに開翅してくれたのは
桜ではなく、水仙の葉のうえでした。
c0315700_15260716.jpg



ギフチョウと桜

春のひと時だけの饗宴です。

(4月14日撮影)










by rindon3190 | 2017-04-16 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 04月 07日

ギフチョウ  命のいとなみ


交尾をしている、というので行ってみると、
生まれて間もなくと思えるほど、とてもきれいなギフチョウが交尾をしていました。

カタクリや桜の花の下での交尾は、美しいギフチョウをさらに美しく見せてくれることでしょう。
しかし、ここにはそのような花がありません。
スゲの生える落葉樹林のなかでの交尾でした。



5日にであったギフチョウ、舞うような交尾でした。
一つ一つの姿にとても感動させられました。

離れるまで観察しましたので、同じような画像が沢山続きます。
オスメスはよくわかりませんが、たぶん上がメスだと思います。

1)
c0315700_10051901.jpg

2)
c0315700_09574921.jpg

3)
c0315700_10234212.jpg

4)
c0315700_10245120.jpg

5)
c0315700_10260086.jpg

6)
c0315700_10263843.jpg


7)
c0315700_10271711.jpg


8)
離れようとしています。
c0315700_13484134.jpg

9)
ここからは、枯葉に埋もれながら離れていくまでの姿です。
枯葉の上で、少しごちゃごちゃしていますが。
c0315700_09191499.jpg



♡♡✧♡♡

(10)
c0315700_10053638.jpg

11)
c0315700_09194088.jpg

12)
c0315700_09200027.jpg


13)
きれいな翅をしています。
真中にもう一頭ついています。
c0315700_12233192.jpg
14)
離れました。
c0315700_09201523.jpg

15)
暫くじっとしていました。
裏翅の赤紋がとてもきれいでした。
c0315700_12285108.jpg

16)
山中に生えるカントウカンアオイの花
卵はみられず。
c0315700_12543357.jpg



私の撮影コマで20分以上経過。
それより前に交尾をしていたので
30分以上は交尾していたと思います。

Wゥ~ン  長~い


美しい花での交尾はギフチョウを引き立てますが、

雑木林の枯れ葉の上で必死に命をつなぐギフチョウに愛おしさを感じました。

じっと見つめてしまいました。









by rindon3190 | 2017-04-07 18:16 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 04月 06日

ギフチョウ めざめの春


4月5日、春の女神に会いに行ってきました。

9時35分、待つこと1時間超、憧れのギフチョウが飛んできました。
日中は20℃を越えたこの日、だんだん数を増やし
山頂では確認しただけでも4~5頭いたような気がします。

この季節もう少し花が咲いていているはずなのですが、
ギフチョウのいる山域は、山の頂上もそして山麓も花が少なく
寂しい春の風景でした。




花がないので枯葉の上に。

もともと山頂には花が少ないのですが、スミレも小さく
モミジイチゴの花もみられませんでした。
c0315700_11565987.jpg



c0315700_08550262.jpg


ならばギフ舞の飛翔写真を、と思って挑戦するも
ボケ量産、やっぱり飛んでいるところは難しいです。
c0315700_08570320.jpg



この日一番のシャッターチャンスだったのに・・・
狭い頂上には登山客と、発生を期待してきた15~6人の人でいっぱい。
人も写ります。
c0315700_08560792.jpg



c0315700_08561406.jpg



雑木林を飛び回る。
c0315700_08563168.jpg



c0315700_08593127.jpg



ヒオドシチョウと、追いかけっこかな。
c0315700_09123386.jpg



ヒオドシチョウはもう翅が傷んでいます。
きっと発生してから、雪の日にもあっているのでしょう。
c0315700_08590770.jpg


地面にベターっと。
c0315700_08585339.jpg



ヒオドシチョウが飛ぶ彼方の山々には
まだ先日の雪が残っています。
c0315700_11212724.jpg


以前このスミレにはギフチョウが吸蜜に訪れていたので見に行くと、
ミヤマセセリが止っていました。

スミレの花の背丈が小さい。
c0315700_10554168.jpg


朝も早い時間山頂に向かって歩いていると、農作業のおじさんに
「今日は間違いなくでるよ~」と声をかけられ
弾む足で登る(といっても大汗かいて)
流石に山頂にはまだ誰もいなかった。



春の女神の元気に舞う姿を楽しみました。

次回は、初めてみるギフチョウの交尾シーンです。










by rindon3190 | 2017-04-06 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 04月 12日

ギフチョウ・春爛漫


桜はあっという間に散ってしまいました。
桜と同時にミツバツツジも満開で、春爛漫の桃色のなかで遊ぶギフチョウはまさしく春の妖精でした。




c0315700_18220064.jpg
c0315700_18223479.jpg
c0315700_18221842.jpg



c0315700_18224978.jpg



花のなかに頭を入れてしまいました。

c0315700_18225912.jpg





c0315700_18352682.jpg

花にゆっくりと止まってくれず、思うようにいかなかった。

桜にギフチョウを撮りたかったのですが、
納得いく写真にはなりませんでした。
先日の8日に撮ったものです。





by rindon3190 | 2016-04-12 19:18 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 04月 08日

ギフチョウ・日向ぼっこ

花も咲きだし多分たくさんのギフチョウが飛んでいるだろうと思い
3月31日についで2回目のギフチョウを見に行ってきました。

今日午前中は晴れるとの予報は外れて、薄曇りでそれほど暖かさはなかったので
たくさんは飛んでいませんでした。
それでも数頭は確認できました。
オオイヌノフグリやヒメオドリコソウの咲く草地にきて陽ざしを浴びていました。





c0315700_17211914.jpg



左の翅の模様がかすれているような感じがします。
どうしたのでしょう。

c0315700_18010824.jpg




c0315700_18011857.jpg



翅を開いてくれないので、赤い模様が片方だけになってしまいました。
雲が多く、今日は余り活発ではありませんでした。

c0315700_17223033.jpg





c0315700_17221006.jpg




枯れ草にとまり、裏からみています。

c0315700_17211060.jpg



ギフチョウは何度見てもきれいですね。







by rindon3190 | 2016-04-08 19:12 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 03月 31日

ギフチョウ


春の女神、ギフチョウに今年も会えました。
昨日今日と暖かな春の日が続き、たぶんもう発生しているだろうと思い
今日、急きょ出かけてみました。

よかった~  いました、いました
生まれたばかりの綺麗なギフチョウ。
飛んでいる姿を撮影するのに苦労するほど素早く元気に飛び回っていました。




スミレに吸蜜。

c0315700_16282940.jpg
  ちょっとピン甘。
  右の枝が邪魔してます。  
c0315700_16285027.jpg


地面にとまることが多く、地面すれすれに飛んでいます。
c0315700_16260688.jpg


最初3頭が追いかけっこをしていましたが、次第に4頭になったりします。

1頭がとまると別のギフチョウが絡んできます。
縄張り争いなのでしょうか。
どれがオスかメスか分かりません。

c0315700_16253993.jpg
c0315700_16252698.jpg
c0315700_16255519.jpg


c0315700_16265301.jpg
c0315700_16251172.jpg



c0315700_16250011.jpg



僅かに残った梅の花のまわりにも飛んでいました。


c0315700_16273091.jpg
c0315700_16335090.jpg


暖冬とはいえこの春寒の戻りがあったりと寒い日もありましたので、全体的に花の咲きが遅いようです。
花が少なかったのが残念でした。



by rindon3190 | 2016-03-31 19:07 | 昆虫 | Comments(8)
2016年 01月 01日

謹賀新年 2016年

新年おめでとうございます。
皆さまにとって素晴らしい一年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


c0315700_20234189.jpg
                            2015年4月撮影





今、気候変動、気温上昇、人為的CO2排出などにより地球規模で自然環境が変わりつつあります。
様々な生き物たちが環境の変化に遭遇しています。
地球に生きているのはもちろん人間だけではありません。
多くの生き物たちがその変化を教えてくれています。
今年も自然に親しみ、自然に学びながら変化のなかで生きていく
身近な生き物たちの姿を見つめていきたいと思います。




by rindon3190 | 2016-01-01 10:00 | 昆虫 | Comments(8)
2015年 04月 16日

春の女神 ギフチョウ

やっと晴れた今日、里山に綺麗に咲いていたミツバツツジ。
念願のミツバツツジに憩う春の女神の姿をみることができました。
幸せな時間でした。

c0315700_18395792.jpg
c0315700_17514642.jpg
c0315700_17525089.jpg
c0315700_17575786.jpg
c0315700_18403037.jpg
飛翔する姿も美しい。
c0315700_18131623.jpg
c0315700_17505643.jpg
c0315700_17503227.jpg
c0315700_17531693.jpg
c0315700_17530493.jpg
カントウカンアオイに産卵してありました。
みどりの真珠のようです。

c0315700_18404488.jpg
c0315700_18410029.jpg
 無事蛹になって越冬してね。  
 来春会おうね。
   


by rindon3190 | 2015-04-16 19:17 | 昆虫 | Comments(6)
2015年 04月 12日

ギフチョウ

標高600mも満たない山頂にギフチョウを求めて行ってきました。
始め1頭だったギフチョウは陽が高くなるにつれ数頭に増え、
からみあって飛翔する姿に儚い春の夢をみるようでした。
初めてみるギフチョウに感激でした。
飛翔シーンは撮れなかったが静止している姿は春の妖精、
やはり美しかったです。



タチツボスミレで吸蜜。

c0315700_18434218.jpg
c0315700_18443667.jpg
c0315700_18442039.jpg
c0315700_18432162.jpg

モミジイチゴの花に。
c0315700_18430492.jpg

頭をなかに入れてしまった。
よほどおいしいの?

c0315700_18425025.jpg
枯れ葉の上で休憩です。
c0315700_19034584.jpg
充実の一日でした。







by rindon3190 | 2015-04-12 19:41 | 昆虫 | Comments(6)