旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミドリシジミ ( 9 ) タグの人気記事


2017年 06月 11日

オオミドリシジミの占有行動とミドリシジミメスの開翅 再び


オオミドリシジミは最後の機会になるだろうと思い
今日、一週間ぶりに会いに行ってみました。

天気は晴れとの予報でしたが意外や雲が多く
時折射し込む光に反応して、高い樹林から降りてきていたが
陽が陰るとさっーといなくなり、無味なヤブに変わってしまう。

それでも元気な姿がみられ、飛翔シーン再チャレンジをしてみました。



オオミドリシジミ
c0315700_15375940.jpg


高い樹林にとまるので、翅のブルーは撮れない。
c0315700_15381651.jpg



前回ほどではなかったが、
数頭が卍巴飛翔を繰り返していた。
c0315700_15382661.jpg



翅は大分傷んできています。
c0315700_15383590.jpg




c0315700_15384307.jpg



c0315700_15385520.jpg


最後だからと、飛翔シーンに挑戦するも
今回もうまくいきません。
c0315700_15390364.jpg



前日、別のポイントに初めて行ってみました。

こちらはミドリシジミのメスがみられました。
寂しいことにオスには会えなかった。
今季数ポイント訪ねたが、今年はオスメスとも発生数が少ないように感じました。
c0315700_15364705.jpg



愛嬌のあるメス
c0315700_15301422.jpg



c0315700_15302391.jpg



c0315700_15344591.jpg



一緒に撮っていたかたがLEDライトを照らしたら
即反応してくれ、開翅してくれました。

とっても健気
c0315700_15345879.jpg



c0315700_15371971.jpg




梅雨に入っても雨らしい雨のない関東地方

これから困るほど降るのでしょうか










by rindon3190 | 2017-06-11 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2017年 06月 09日

ミドリシジミ メスの開翅と一緒にみられたチョウ


ミドリシジミ メスの開翅


メスの表翅の紋の種類はO型、A型、B型、AB型と4種の型があり、
まるで人間の血液型のような型名がついています。
遺伝学的に「同一種の多型現象」といわれているそうで
ミドリシジミのメスにだけみられるということです。
私には詳しいことはよく分かりませんが、
撮っていて確かに翅の模様の違いがあることが分かります。

今回あえたのは、前翅に少しオレンジ色がみえるメスですが、
A型とは言えないような・・・
O型かも知れません。

4種の紋型、面白そうなので探してみたくなりました。
といっても、これが難しい。
c0315700_14522520.jpg



c0315700_14521663.jpg



c0315700_15014552.jpg




目覚めたばかりは、ゆっくりしています。

ねむそ~
c0315700_14514707.jpg



c0315700_14504229.jpg



アカシジミは、たくさんみられます。
でも、もう終盤かな。
c0315700_14500786.jpg



c0315700_14445094.jpg



ウラナミアカシジミもたくさん飛んでいます。
c0315700_12585051.jpg




ベニシジミも仲良く仲間入り
c0315700_14444078.jpg




ウラゴマダラシジミかと思ったのですが、
ルリシジミです。
c0315700_14413576.jpg



ゼフィルスと一緒のフィールドで

みられたチョウたちです

まだいます








by rindon3190 | 2017-06-09 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 04日

ミドリシジミの季節



ミドリシジミ

自由奔放に飛んでいろいろな葉に止り、楽しませてくれます。

c0315700_17561943.jpg



c0315700_17545125.jpg



ブルーの翅がチラリ
c0315700_17543028.jpg



c0315700_18000024.jpg





この場所には他の蝶さんも日向ぼっこにきます。

ベニシジミと一緒に。
c0315700_17573614.jpg



ベニシジミさんに話しかけるように止まって
翅を開きかけたー 
c0315700_17575941.jpg




c0315700_17584364.jpg




c0315700_17582559.jpg



と思ったら、
撮影場所より高いところにとまっているので
上からの開翅はみられず、残念。
c0315700_17593507.jpg



c0315700_15272550.jpg

6月3日


翅を開いてくれる瞬間はワクワクします



思うような翅の色がみられなかったので

そのうちまた様子をみに行ってみます









by rindon3190 | 2017-06-04 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 06月 03日

ミドリシジミ オスメス開翅


ゼフィルス、5番目にミドリシジミあえました。


早朝からオスメスが数頭飛んできて、翅を乾かしています。
暫く待っていると、オスメスとも開翅してくれました。





ミドリシジミ オス

一年ぶりの煌く緑の輝きです。
朝の陽ざしは強いので、少しギンギンになってしまいました。
c0315700_13375946.jpg



少しアップで。
後翅の緑が少ないのが少々残念。
c0315700_13375317.jpg



忙しく歩きまわり
c0315700_14262766.jpg



c0315700_14255017.jpg



c0315700_14260349.jpg



c0315700_15112868.jpg



また開翅してくれました。
c0315700_14430309.jpg



c0315700_13365504.jpg



c0315700_15115768.jpg



c0315700_13364736.jpg



c0315700_13360413.jpg



日陰のなかで メスかな。
c0315700_14071353.jpg





ミドリシジミ メス

嬉しいことに、メスも開翅してくれました。
c0315700_13305159.jpg




メスは地味な色をしています。
О型です。

c0315700_13313673.jpg



c0315700_13314448.jpg




c0315700_13315723.jpg




右メス、左オスのようですが、
何事も起こりませんでした。
c0315700_14060186.jpg

6月3日



一年ぶりに会えたので、沢山撮りました

明日に続きます











by rindon3190 | 2017-06-03 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 06月 26日

オオミドリシジミとミドリシジミ


今年はオオミドリシジミに会う機会が多かった。
多かったといっても、ほんの数頭だったのですが。
たった一頭という日もあり、来年に期待しようと思います。
そこで、6月中旬最後に撮ったボツになったコマを懐かしんで載せたいと思います。



オオミドリシジミ

凛々しい風貌です。
こんなふうに見つめられると、参ってしまうなぁ~

c0315700_13060678.jpg




c0315700_13233856.jpg





こちらは少しお疲れ気味です。
c0315700_13234506.jpg



ミドリシジミ

今年この場所では2回会うことができました。
この日もきれいな開翅はみられませんでした。
うまくチャンスに巡りあえなかったのかも知れません。
c0315700_13254727.jpg



ラミーカミキリが手前に。
c0315700_13264267.jpg



以下は昨年同じ場所で撮ったミドリシジミです。
昨年は、 撮りすぎたー
なんて、贅沢なうれしい悲鳴も言えたのですが・・・
今年はさっぱりでした。



ミドリシジミ ♂
開翅シーン
やっぱりミドリが美しい。

c0315700_12164930.jpg


c0315700_21205225.jpg



ミドリシジミ ♀
c0315700_21221257.jpg


c0315700_21222900.jpg


いつみても美しいミドリシジミ








by rindon3190 | 2016-06-26 19:00 | 昆虫 | Comments(10)
2016年 06月 08日

里山のゼフィルスたち


里山のゼフィルスはもう終盤なのでしょうか。
いつものポイントでは、今年は発生が少なかったように思います。
終盤なのか、どのシジミチョウも翅がすれていました。



ウラナミアカシジミ

草むらでのんびりしていました。

c0315700_16072157.jpg



c0315700_16441652.jpg



アカシジミも光を受けてきれいです。
でも、翅がすっかり傷んでいました。

c0315700_16064870.jpg



c0315700_16302863.jpg


ミドリシジミ

ここではすぐ行ってしまった。
メスもみることなく、今年の発生は少なかったです。

c0315700_17014493.jpg


ウラゴマダラシジミ

こちらも翅がすれています。

c0315700_16293048.jpg




c0315700_16085077.jpg



アカバナユウゲショウ

この花は昼間から咲いています。

c0315700_16573113.jpg


里山のゼフィルス、こちらの里山ではみられなくなりましたが、
地域が違えばまたみられるかも知れませんね。









by rindon3190 | 2016-06-08 19:04 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 05月 31日

ミドリシジミの開翅 そしてハチの襲撃にあう


なかなか出会えなかったミドリシジミにやっと会えました。
初々しくて、とてもきれいなミドリシジミでした。

一頭だけでちょっと淋しいですが、翅を開くのを待っていましたらほどなくして開いてくれました。
ブルーの翅がみえてやっぱりきれいです。
ただ、一頭だけでしたので全部同じ場所、同じ方向を向いています。
それでも満足です。



c0315700_16535621.jpg




きれいな翅の色、ミドリというよりブルーの色合いが強いです。
開翅の状況を。

c0315700_16555238.jpg




c0315700_16552560.jpg




c0315700_16554391.jpg




c0315700_16550911.jpg





c0315700_16550313.jpg





c0315700_16544514.jpg




近くでもう一頭見かけましたが、すぐ飛んで行ってしまいました。
違う個体だと思います。

c0315700_16584953.jpg



静かに穏やかに翅を開いてくれた場所で、あわや事件が・・・・


あっ!!  危ない!
ミドリシジミがアシナガバチに襲われるー

レンズを通してみていた私は、突然画面に入ってきたアシナガバチにビックリ。
危険な状況をどうしたらいいのか、慌ててハチを追い払おうかと思ったのですが
そうしたらミドリシジミまで飛んで行ってしまうのでは、と思いながら
「早く逃げて!」 と心で叫んでいました。



c0315700_16524484.jpg


もう少しで襲われる瞬間。
でも、ミドリちゃんは微動だにしない。
大物!
c0315700_16523497.jpg



よかったぁ~
ハチは襲うことなく飛んでいきました。

c0315700_16525279.jpg


その日、ウラナミアカシジミにも会いましたが、翅の半分がちぎれていました。
自然界は食うか食われるか、生まれて短い命を全うするまで危険がいっぱいなのですね。













by rindon3190 | 2016-05-31 18:33 | 昆虫 | Comments(4)
2015年 07月 03日

ミドリシジミ

今年あったゼフィルスのうち、特に印象深かったのがきれいな翅のミドリシジミです。
初めてみたので感激でした。
そんなミドリシジミを再び。

c0315700_13484660.jpg
c0315700_13541212.jpg
c0315700_13483177.jpg
裏翅の模様もくっきりしています。
c0315700_13481000.jpg
c0315700_13490135.jpg
よく歩きまわります。
c0315700_13485431.jpg
c0315700_13475566.jpg
そんなところにもカナヘビが
  ボクも撮って! と顔をだす。
c0315700_18151433.jpg


by rindon3190 | 2015-07-03 18:40 | 昆虫 | Comments(8)
2015年 06月 04日

ミドリシジミ

やっとあえた、ミドリシジミ。
ミズイロオナガシジミ、ウラナミアカシジミ、アカシジミなど里山で一般にみられるシジミチョウに比べると
ミドリシジミは発生が遅いのですね。
あんなにみられたミズイロ、ウラアカなどはあっという間にみられなくなりました。
近くの里山では、ミドリシジミももうじき姿を消す時期に入ってきたようです。




ミドリシジミ ♂
2番目と同じ個体ですが、光の加減で随分と違ってきます。

c0315700_15195062.jpg

c0315700_15200635.jpg
別個体です↓
c0315700_15205763.jpg
c0315700_15222387.jpg
c0315700_15265149.jpg

ミドリシジミ ♀

ミドリシジミには多型がありますが、まだそのような撮影はできていません。
今度はじっくり観てみたいです。

c0315700_15215237.jpg



真っ赤な実をつけたグミ。
同じ里山で。
c0315700_15335036.jpg








by rindon3190 | 2015-06-04 19:35 | 昆虫 | Comments(8)