旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミヤマモンキチョウ ( 2 ) タグの人気記事


2017年 08月 11日

高山蝶を求めて  ミヤマモンキチョウ


北アルプスの亜高山帯でクモマベニヒカゲ、タカネヒカゲ、そして今回の
ミヤマモンキチョウと3種の高山蝶に会うことができました。




ミヤマモンキチョウ

きれいなピンクの縁取り、
頭も脚も赤く本当に美しい高山の妖精です。
c0315700_10391432.jpg



ミヤマコゴメグサで吸蜜
c0315700_10405335.jpg



c0315700_10375882.jpg



c0315700_10382862.jpg




ミヤマママコナの花

この花でも夢中で吸蜜。
c0315700_10434541.jpg



ミヤマモンキチョウはオスメス追いかけあっている姿を観ることが多いのですが、
この日、ここでは観られませんでした。

オスが単独でハイマツ帯を飛び回っていました。
メスを探しているのかな。
c0315700_10432295.jpg


c0315700_10435549.jpg


c0315700_10441195.jpg


c0315700_10442764.jpg





ミヤマコゴメグサ


沢山咲いているところがありました。

亜高山帯で咲く花は少なく
この花もチョウにとって貴重な花になっています。
c0315700_10281524.jpg



c0315700_10274519.jpg



槍ヶ岳からつづく山稜
c0315700_20023921.jpg





7月初旬、JCIIフォトサロン(千代田区)にて
田淵行男氏の「北の山」と題する写真展が開催されました
その時にみせて頂いた色紙です


田淵氏が亡くなられる5か月前に書かれた色紙の言葉

「一山百楽」

一つの山には百の楽しみがある

という意味が込められています


c0315700_12410195.jpg





高山蝶3種 一度に会えるこの場所は

大変貴重な山域だと改めて感じます


これからもずーとみられることを願っています



8月5日  北アルプスで









by rindon3190 | 2017-08-11 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 07月 28日

ミヤマモンキチョウ爽やかに


オスメスが絡み合って高原を飛ぶミヤマモンキチョウの姿は
涼しさを感じさせてくれます。

ここはミヤマモンキチョウがたくさん飛んでいます。




ネバリノギランに

この花に触ると花の部分も茎もネバネバしています。
チョウさんは平気なのかな。
c0315700_17164065.jpg



沢山飛んでいるといっても、翅の周りが濃いピンクに縁どられた
きれいな個体にはであえなかった。
c0315700_17095799.jpg



c0315700_17171841.jpg


こうしてオスメス
一緒に飛んでいる姿がこのチョウらしい。
c0315700_17430263.jpg



c0315700_17152612.jpg



c0315700_17252827.jpg



c0315700_17150321.jpg



c0315700_17145582.jpg



c0315700_17422628.jpg



よくみると、モンキチョウのオスが
ミヤマモンキチョウのメスに求愛しているようにみえます。

c0315700_17285751.jpg



コケモモの咲く湿原で。

こちらもモンキチョウのオスが
ミヤマモンキチョウのメスにアタックしていると思います。

ミヤマモンキチョウとモンキチョウが混在して飛んでいるので混乱します。
c0315700_17131306.jpg


ウスユキソウに
c0315700_17142072.jpg



c0315700_17085572.jpg



ネバリノギランが好きなようです。
この花ばかりにとまります。
c0315700_06145330.jpg


c0315700_17174109.jpg



翅の傷んだメス
c0315700_06232853.jpg



(7月中旬 東信にて)



東信の花と蝶シリーズも残すところあと一種です










by rindon3190 | 2017-07-28 18:00 | 昆虫 | Comments(2)