タグ:ムラサキシジミ ( 11 ) タグの人気記事


2017年 03月 18日

春の小さな妖精たち


オオイヌノフグリやヒメオドリコソウが咲きだす春浅い里山、

今年も春の蝶、小さな妖精たちに会えました。





ミヤマセセリ ♂

枯葉に幼虫で越冬、蛹になって羽化し春に飛んできます。

いつも沢山のチョウたちが吸水に集まる里山農道に、
この春、このチョウは一番乗りしたようです(私の確認では)


あまり動かず、吸水と日光浴です。
c0315700_12473915.jpg



c0315700_12473090.jpg



c0315700_12472174.jpg



初々しいです。
この一頭のみの確認でした。
c0315700_12474629.jpg



c0315700_12470920.jpg




そして、やっと会えたムラサキシジミ。

こちらは成虫越冬チョウです。
c0315700_12454438.jpg



ヒメオドリコソウやオオイヌノフグリの咲く野辺に
飛んできてくれました。
c0315700_12455100.jpg



本格的に暖かくなってきたね。
c0315700_12462940.jpg



c0315700_13203479.jpg



c0315700_12464578.jpg



c0315700_12460179.jpg



春うらら ♬

チョウたちの歌声がきこえてきそうです。

3月18日撮影









by rindon3190 | 2017-03-18 18:00 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 01月 05日

てんとう虫の越冬と月



いつもの場所にいないと思っていたらこんなところに越冬していた、
テントウ虫たち(1月3日)

ナミテントウといわれるものですが、いろいろな模様があるんですね。
c0315700_09072325.jpg



翌日です。
c0315700_09073110.jpg


木の幹にも
c0315700_09074678.jpg



寄生していた虫が孵ったのか、それとも小鳥が突いたのか
ポッコリと穴があいていた可愛い木の芽
c0315700_09075485.jpg





桜の木に休憩中のエダシャク(の一種)に
ヨコズナサシガメが吸汁、捕食しようとしているところ。

この後、とってやりました。
c0315700_09210804.jpg




まだ飛んでいたベニシジミ(12月28日)
寂しそうな色合いです。
c0315700_09080898.jpg




同じ日にムラサキシジミも
アジサイの葉に止っていました。
c0315700_09063314.jpg



こちらもムラサキシジミ
ムラサキツバメには一度も会えませんでした。
c0315700_09062222.jpg



越冬中のウラギンシジミ
この後はどこかへ移動したようです。
c0315700_09070465.jpg




おまけ

1月3日 18時29分 月齢5の月と火星

右下の小さな点が火星だと思うのですが・・・
月をはっきり出すように撮ったので、火星はかすんでしまいました。
画面のホコリのようで分かり難いです。

c0315700_20570835.jpg









by rindon3190 | 2017-01-05 18:00 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 12月 21日

ぽかぽか陽気に誘われて


冬至の今日、ぽかぽか陽気で昼間の気温が上昇。
こんな日はムラサキ兄弟も越冬から飛び出し、遊びに出ているかも知れない、
といつもの場所に行ってみました。


いました、いました
ムラサキシジミだけでしたが、3~4頭が元気に飛び回っていました。

この場所で越冬中の姿は今だに見つけられないのですが、林の奥から飛び出してきたのでしょう、
いろいろな葉から葉にとまり、ぽかぽか陽気を浴びるように開翅してくれました。


オスメスいり乱れて飛んでいて、沢山撮りましたのでたくさん載せます。


c0315700_16410526.jpg



c0315700_16414113.jpg


きれいな濃いブルーのオス。
c0315700_17181341.jpg




c0315700_16405773.jpg




c0315700_17073685.jpg



地面の枯葉にもとまって開翅。
c0315700_16415159.jpg




c0315700_17072161.jpg


ヤブコウジでしょうか。
c0315700_16411840.jpg



影が入りちょっと残念。
c0315700_17191591.jpg



2頭が同時に開翅してくれました。
c0315700_17195518.jpg




c0315700_17053999.jpg



c0315700_17081166.jpg



c0315700_17082404.jpg


この子は鱗粉が傷んでいます。
c0315700_17084445.jpg



隠れたつもり?
枯れ葉の中に2頭が入り込みました。

c0315700_17085544.jpg



やっぱり暖かい陽ざしはいいよね。

嬉しそうに飛んでいる姿をみると、こちらも嬉しくなります。









by rindon3190 | 2016-12-21 19:00 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 11月 30日

秋と冬の狭間に、ムラサキシジミなど


とてもきれいな濃い紫の翅のムラサキシジミに会いました。
当ブログでは何度も登場しているムラサキシジミですが、
この時期のムラサキシジミの翅のきれいさに驚きました。

11月末の寒さのなか、シダの葉の上でたっぷりと陽ざしを浴びて開翅してくれました。
もしかして、一度越冬体制に入ったムラサキシジミが眼を覚まし
暖かさを求めて飛んできたのかも知れません。



ムラサキシジミ オス
(オスで間違いないでしょうか)
c0315700_17351922.jpg



c0315700_16303405.jpg



c0315700_17162693.jpg



粋な紫色にはうっとりしました。
c0315700_16310042.jpg



c0315700_16301048.jpg



陽が上手く当たらないと鈍い紫色です。
上の葉っぱの影が入ってしまいました。
c0315700_17161553.jpg



c0315700_16300031.jpg



ウラナミシジミもまだいました。
c0315700_16290089.jpg




暖かな陽ざしで、スジグロシロチョウも。
ここのアザミにはチョウやアブが吸蜜によく訪れます。
c0315700_16314113.jpg



c0315700_16311008.jpg




チャバネセセリも吸蜜です。
小さいくて可愛いです。
c0315700_16260265.jpg



c0315700_16343159.jpg



キタキチョウは弱々しく飛んでいます。
いつも沢山見ているのに、まだ幼虫や蛹をみつけたことがありません。
c0315700_16284396.jpg


11/29撮影








by rindon3190 | 2016-11-30 19:00 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 11月 25日

晩秋に飛んでいたチョウたち


昨日は東京では54年ぶりの積雪になりました。
一気に冬に突入かと思わせる天気になりましたが、
その前日は晴天で寒くもなく、そんななか出会ったムラサキシジミたちです。



ムラサキシジミ

ムラサキツバメはみつからず、集団越冬もみつかりません。
彼らはまだ越冬する気はなさそうでした。
c0315700_17363355.jpg




c0315700_17404021.jpg



コムラサキの葉に。
c0315700_17364151.jpg




c0315700_17223986.jpg



近くですが別の場所で、
ウラギンシジミが並んで越冬中でした。
c0315700_17231865.jpg


葉が揺れてもピクっともしませんでした。
c0315700_17233145.jpg



クロコノマチョウは高い木の上まで上がったり、
c0315700_17230963.jpg



草むらでは弱々しくモンキチョウが飛んでいました。
c0315700_17351272.jpg



c0315700_17353819.jpg



みんな雪の日はどうしていたのでしょうね。








by rindon3190 | 2016-11-25 19:00 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 10月 24日

晩秋の里山で


里山を歩いていると、まだ元気なチョウたちに会うことができます。

朝夕は少し肌寒さも感じられますが、日中は暖かいので
ムラサキシジミやムラサキツバメが秋の陽に翅をひろげていました。
越冬にはまだ少し早いように思いました。




ムラサキシジミ
c0315700_15230044.jpg




c0315700_15253775.jpg




c0315700_15252343.jpg




ムラサキツバメも日向ぼっこ。
c0315700_15243100.jpg




日陰ではクロコノマチョウ(こちらは10月初旬に撮影)

飛んでいるところを撮りたいのですが、
ゆっくり飛んでいるようで意外と早い飛び方で、なかなかうまくいきません。
c0315700_18373601.jpg



クロヒカゲもまだ元気に飛んでいました。
(同じく初旬に撮影)
c0315700_17431286.jpg



ヤマトシジミ
c0315700_15233793.jpg




散歩中にみつけた朝顔
花びらが漏斗状ではなく、巻きスカートのように巻いていました。
写真では良く分からないかも知れませんが、不思議な形でした。
c0315700_16334861.jpg




コスモスと秋の空
c0315700_15264996.jpg


秋も深まり、
 
身近な生きものたちも季節の変わり目を迎えようとしています。

とはいえ、この先気温は

暖かかったり寒かったりの乱高下が続くということです。










by rindon3190 | 2016-10-24 19:00 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 09月 10日

ムラサキシジミに会いに


先日、ムラサキシジミが越冬する場所に行ってみました。

いないかなと思ったのですが・・・   
いました。
きれいなムラサキシジミが何頭か飛んでいました。

残暑にもめげず飛んでいましたが、
ここは湧き水が流れる照葉樹林の中に通じるところで、きっと涼しいのでしょう。




ムラサキシジミ
c0315700_17214203.jpg




c0315700_17220887.jpg




c0315700_17221836.jpg




c0315700_17212810.jpg




c0315700_17370664.jpg


そのほかにも飛んでいました。

イチモンジチョウ
c0315700_17230545.jpg




ナミヒカゲ(かな)
c0315700_17225065.jpg



コミスジは今の季節も元気。
c0315700_17223021.jpg





ダイミョウセセリも元気です。

c0315700_17542740.jpg



里山ではもうすぐ稲刈りが始まります。

1年はあっという間に過ぎていきますね~











by rindon3190 | 2016-09-10 18:40 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 08月 19日

カラスアゲハの吸水と排水


カラスアゲハのオシッコはすごい!
飛んできて止まったと思うと吸水し、5秒おき位にシューと排泄する。
これを10分間位じっとして繰り返している。
それも何度も何度も。

それにしても、オシッコの量はすごかった。
お腹の中にそんなに水分がたまっているとは思えないのですが、
ストローで吸った水分をそのまま排泄しているのではないのか、
と思えるほどでした。



c0315700_16070741.jpg



飛んでいるところはボケボケです。
c0315700_16003917.jpg




c0315700_16005708.jpg



c0315700_16004678.jpg



カラスアゲハのお気に入りの吸水場所です。
c0315700_16001934.jpg


何度もとまっては
c0315700_16031206.jpg




吸水、排水を繰り返しています。
c0315700_06514967.jpg


全部同じ個体です。
c0315700_06513954.jpg


量もすごい
c0315700_16074960.jpg




近くにいたきれいな
ムラサキシジミ
c0315700_16124319.jpg




c0315700_16125945.jpg




c0315700_16122779.jpg



カラスアゲハの吸水場所は
先日8月5日に掲載した時と同じ場所です。

同一個体かどうかは分かりませんが、
お気に入りの場所のようです。












by rindon3190 | 2016-08-19 19:11 | 昆虫 | Comments(6)
2016年 06月 13日

野原の小さなチョウたち


各所で撮った、野原に遊ぶ小さなシジミチョウたち
いつみてもかわいい。
こんにちは、と声をかけたくなります。



ルリシジミ
c0315700_18271705.jpg


ベニシジミ
c0315700_18195631.jpg


ツバメシジミ♀
久し振りにメスに会えました。

c0315700_17013071.jpg



ムラサキシジミ

新生でしょうか、きれいな翅でした。

c0315700_18274948.jpg


ヤマトシジミ(ルリシジミかな)

翅が変形していましたが、飛ぶのには問題なさそうでした。
c0315700_18164835.jpg



イチモンジセセリ
c0315700_18173615.jpg




キキョウソウ
c0315700_18161070.jpg


by rindon3190 | 2016-06-13 19:20 | 昆虫 | Comments(4)
2016年 01月 06日

兵どもが夢のあと

チョウの越冬する姿を初めてみた2015年、
暮れからお正月にかけてそのポイントに何度か行ってみましたが
ウラギンシジミもムラサキツバメもムラサキシジミも姿をみつけることはできませんでした。
集団越冬の姿も確認できませんでした。


第一ポイントで(車で20分位の里山)
初めてみた越冬体制に入ったウラギンシジミは
11月17日に「ウラギンシジミ越冬準備」と題して、今まさに越冬に入った3頭のウラギンシジミを載せました。
12月12日には再び同じ場所、同じ葉で越冬中のウラギンシジミ3頭を確認しています。
「越冬途中のウラギンシジミ」で3頭を載せました。

ここまでは順調かと思ったのですが、
12月18日に行った時には、ツル性のサルトリイバラが枯れて山道に垂れ下がっており
越冬していたウラギンシジミの姿はありませんでした。
かろうじてムラサキシジミが何頭か飛び回っていました。
この日の分は「師走のチョウ」として12月23日に掲載しています。
この場所でのムラサキシジミはこれが最後とは思わなかったのですが、
どうもこの日が最後だったようです。


次に第二ポイントのウラギンシジミ、ムラサキツバメは、
「まだ元気なムラサキツバメ」と題して12月6日に載せました。
ここも何度かたずねましたが、暮れから正月にかけては全く姿がありません(ここは歩いて30分位の旧鎌倉道)


そして、第三のポイントのものが1月3日にであったムラサキツバメで(車で30分位の里山)
「お正月のムラサキツバメ」と題して掲載しております。
他の2つのポイントには何もいなくなりましたが、
ここではムラサキツバメ、シジミの飛んでいる姿をみつけました。
しかしウラギンシジミの姿はありませんでした。

計3つのポイントでこの3種のチョウを確認していますが、第一、第二ポイントでは
今では越冬風景も飛んでいる姿もみつけられず、春まで不可能と思います。
唯一望みがあるのが今年1月3日に出会った第三ポイントのシジミチョウ類です。
ここは暖かであればまだ飛んでいるかもしれないと期待したいところです。



第一ポイント 12月18日に撮影。
兵どもがとまっていたサルトリイバラの枯葉。
c0315700_15583745.jpg
いつも日向ぼっこをしていたシダも秋色です。
シジミたちは陽が差し込むと、すぐに飛んできてここで翅を広げたものです。
紫色の翅が光に輝いてまぶしかった。
c0315700_15590041.jpg

最後となったこの日12月18日にであったムラサキシジミ


c0315700_15491906.jpg
c0315700_15593688.jpg
c0315700_15592097.jpg

近くには田んぼもあります。
すぐそばの田んぼに水を引いたらアオサギがきて
ドジョウかなにか、細長い魚をゲット。
c0315700_15482001.jpg
c0315700_15480953.jpg
c0315700_15474626.jpg
ちょっと長々と書いてしまいましたが、
これから少し寒くなるとのことで、これまでのようにチョウの飛ぶ姿をみられるかどうかわかりません。
冬枯れをみると、チョウたちが儚い夢をみさせてくれた日を思い出します。




by rindon3190 | 2016-01-06 18:30 | 昆虫 | Comments(8)