人気ブログランキング |

旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 12日

オオスカシバとホシホウジャク


コスモス畑にはいろいろな昆虫類がきています。
先日ホシホウジャクを載せましたが、
同じ蛾の仲間でオオスカシバもきていました。

おもしろいことに、吸蜜する姿に違いがあります。
オオスカシバは脚を伸ばし、花にかけて吸蜜します。
しかし、ホシホウジャクは脚をたたんでホバリングしながら吸蜜します。



オオスカシバ(チョウ目スズメガ科)

スカシバの名前の由来、翅が透明です。
c0315700_16403055.jpg





c0315700_16395514.jpg





c0315700_16393588.jpg




c0315700_16405885.jpg




c0315700_16412235.jpg




脚を花にかけ、ホバリングしながら吸蜜しています。
c0315700_16391830.jpg



こちらは
ホシホウジャク(チョウ目スズメガ科)

脚はたたんで、ホバリングしながら吸蜜します。
c0315700_16373400.jpg



長い口吻をフル活用。
c0315700_16372108.jpg



翅には印象的な黄色の模様があります。
c0315700_16370980.jpg



コスモスは次から次へと蕾が開花して、長く楽しませてくれます。

きっと手入れがいいのでしょう。

昆虫たちも大喜びです。











by rindon3190 | 2016-10-12 19:05 | 昆虫


<< 秋の草花      朝顔に吸蜜するナガサキアゲハ >>