人気ブログランキング |

旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 06日

ダイセツタカネヒカゲ


大雪山のチョウを撮りたいと思い、
バスの開通する7月1日まで待って今回入山することができました。
以前に黒岳からトムラウシまで行ったことはあるが、
その時は遥かに見えるトムラウシや高山植物を楽しみながらの山行でした。


また以前に
ナチュラリスト蝶の写真家、山岳写真家でもあった田淵行男さんの大雪山での撮影記録の映像をみたことがありますが、
撮影される姿がとても印象に残っています。

寒風吹く日もあったかと思う大雪山の地面に這いつくばって
草々をなめるようにして小さな幼虫、卵を探す姿に田淵さんの偉大さを感じました。
★ この時に発見した幼虫はアサヒヒョウモンの幼虫だったそうです。

こうした先人たちの研究努力の結果明らかになった生態。
成虫で飛ぶまでに3年もかかるといわれるダイセツタカネヒカゲ。
厳しい大自然の中で生まれ、今青空のもとで元気に飛んでいるのだと思うと感慨深いものがありました。




ダイセツタカネヒカゲ

モンシロチョウよりも小さく
飛ぶのが素早いダイセツタカネヒカゲに初めてあえました。
2日は大雨、翌3日に登りあこがれの地に。

聞くところによると、ダイセツタカネヒカゲの発生は今が丁度いいということでした。
結構たくさん飛んでいて、探さなければ見つからないのかと思っていた私には
楽に会うことができ嬉しかったです。




とってもカワイイ!!
c0315700_16080409.jpg




コマクサも丁度良く咲いていました。
でもこのチョウは、岩の上が大好きです。
c0315700_16062389.jpg



c0315700_16054799.jpg



戯れが楽しそう。
交尾シーンが撮れず残念でした。
c0315700_16302036.jpg



c0315700_16044553.jpg



時々草むらにもおりて
吸水でしょうか。
c0315700_16064455.jpg



c0315700_16070293.jpg



c0315700_16101252.jpg



兎に角敏捷で近づくと、すぐ飛び立ちます。
c0315700_16123565.jpg



c0315700_16120655.jpg



そこに止まっていることが分からないくらいです。
c0315700_16083391.jpg



c0315700_11562791.jpg



c0315700_12101354.jpg



c0315700_16095603.jpg




チョウの飛ぶ大地に咲いていた高山植物。

イワウメ
c0315700_09072455.jpg




コエゾノツガザクラ
c0315700_16125234.jpg




ヒメイソツツジ
c0315700_16295647.jpg





今年は残雪が多いといいます。

チョウたちの遊ぶ場所は大雪渓の先の

雲上の楽園でした。



この後も大雪山のチョウシリーズが続きます。













by rindon3190 | 2017-07-06 16:00 | 昆虫


<< ウスバキチョウ      ブルーサルビアとセセリチョウ >>