人気ブログランキング |

旅のかほり

rindon3190.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 2 )


2019年 04月 01日

新元号にちなんで



新元号が「令和」に決まった。
意外や意外、元号名のいわれは万葉集からという。

c0315700_15440062.jpg





専門家ではないので拙いのですが、
以下そのいわれとなった万葉集からの抜粋をしてみます。
         (万葉集  巻第五 梅花の歌序   中西進氏監修)



「天平二年正月十三日に、師の老の宅にあつまりて、宴会をひらく。
 時に、初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、
 気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉をひらき、
 蘭ははい後の香を薫(かをら)す。
 しかのみにあらず、曙の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて、
 蓋(きぬがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、
 鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷う。
 庭には新蝶舞ひ、空には故雁帰る。
 ここに天を蓋(きぬがさ)とし、地を座(しきみ)とし、膝をちかづけ
 さかづきを飛ばす。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・
 宜しく園の梅を賦して聊(いささ)かに短詠(短歌)を成すべし」


とあり、そして32首が歌われた。
意味は
「天平二年正月十三日に、長官の老人(大伴旅人といわれる)宅に集まって
 宴会を開いた。
 時あたかも新春の淑き月、空気は美しく風はやわらかに、
 梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、
 蘭(キク科の香草のこと)は身を飾った香のごとき香りを漂わせている。
 のみならず、明け方の山頂には雲が動き、松は薄絹のような雲をかずいて
 きぬがさを傾ける風情を示し、山の窪みには霧がわだかまって、
 鳥は薄霧にこめられては林に迷い鳴いている。
 庭には新たに蝶の姿をみかけ、空には年をこした雁が飛び去ろうとしている。
 ここに天をきぬがさとし地を座とし、人々は膝を近づけて酒杯をくみかわしている。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



初春の穏やかなよき日に大自然のなかでお互い胸襟を開き、
梅の咲き匂う園で酒杯し、
短歌をうたっている誠にのどかな風景が感じられる序文です。


古来花見といえば桜ではなく、春一番に咲く梅が主流だった。
「令和」のいわれのなかの32種の歌のなかに

「毎年(としのは)に 春の来たらばかくしこそ 梅をかざして楽しく飲まめ」 (833)
   (年ごとに春が巡りくれば、このようにこそ、梅をかざして楽しく飲もう)

とあるように
現代に桜のもとで宴会するように、梅の花見で宴会をしていた。





そういう風情を感じながら新元号に親しんでいこうと思う。
とはいえ、現在あのどこまでも澄んだ青い海、沖縄の海が大多数の民意に反し
政府によって埋め立てが強行されている。
穏やかで美しい海は壊されようとしています。

大自然を自然に思う気持ちがあるなら強行手段はできないはずだ。
穏やかな春のよき日にちなんでつけられた新元号「令和」という名に相応しく
自然美しく、正直な日本になっていかなければならない。

c0315700_13172954.jpg





梅にウグイスとはいかない
やっぱりメジロ



「万代(よろづよ)に 年は来経(きふ)とも梅の花
      絶ゆることなく咲きわたるべし」(830)




by rindon3190 | 2019-04-01 18:00 | その他
2018年 08月 15日

高尾山薬王院を歩いて


残暑お見舞い申し上げます
まだまだ暑い日が続きます

高尾山は深い樹々囲まれ街中よりも涼しく、豊かな自然がたくさん残っています
山頂に行くにはいろいろなルートがありますが
高尾山薬王院を通って、神社の裏を回って頂上にいくコースがあります
そこを登りながらスナップした薬王院の外観の紹介です




山門

重曹入母屋造りの立派な山門が立っています
左右に四天王が迎えてくれますが、隠れてしまいました
c0315700_10333480.jpg



反対から撮った山門
c0315700_18361954.jpg



くぐると願いが叶えられそう
c0315700_10334672.jpg



入ってすぐに天狗姿の山伏が迎えてくれます

薬王院は天平16年(744年)開山といわれ
山伏修行の霊山で、山伏の姿が天狗と重なります
今でも「琵琶滝」「蛇滝」で滝に打たれる修行が行われており
一般の人も経験できます
c0315700_10340938.jpg



御本堂
ここも狛犬ではなく狛天狗
c0315700_10342770.jpg



薬王院は真言宗智山派のお寺ですが
御本社に向かう階段には神社の鳥居をくぐります

明治時代の廃仏毀釈以前から守られてきた神仏習合のお寺の様子がわかります
c0315700_10345973.jpg




御本社

「飯縄大権現」が祀られています
飯縄大権現は戦国時代の武将の守護神だそうです
c0315700_10351445.jpg



これから山に向かう安全祈願でしょうか
c0315700_10352688.jpg




イイズナといえばイタチ科の肉食小動物ですが
オコジョのことと思っていたら別なんですね

オコジョより少し小さいのがイイズナですが、なかなか見分けがつかない
オコジョは山で時々みかけますが、動きが早く写真にはうまく撮れません
冬は真っ白に毛が生え変わり本当に可愛いです
しかしこの頃はめったにみられない

「飯綱大権現」は長野の飯綱山や戸隠山にみられるように
山岳信仰の神仏習合の神とされています
c0315700_10354608.jpg



天狗(山伏)が履いたとされる
大きな下駄が奉納されています
c0315700_10360254.jpg



御本社は徳川の庇護のもと江戸時代に建てられたそうで
その影響を受けた派手な色彩です
c0315700_10361903.jpg






c0315700_10362961.jpg




ここを回って階段を上り
奥ノ院を過ぎると山頂への登山道になります
c0315700_10364313.jpg





無宗教の私には
お寺と神社の混在する神仏習合の境内を歩くことに
心地よさを感じます










by rindon3190 | 2018-08-15 18:00 | その他